NICTけいはんな情報通信オープンラボ 〜利用の手引き〜

(利用申請要領)

 

 

1 NICTけいはんな情報通信オープンラボについて

 NICTけいはんな情報通信オープンラボは、産学官が連携した地域における情報通信分野の研究開発を推進し、かつ、専門家の育成等を併せた人材の育成等にも寄与するために整備されたものです。

 NICTと連携して研究開発を行うことにより、情報通信分野の研究開発が一層加速され、その成果が速やかに産業に展開されることを期待しています。

 

 

 

NICTけいはんな情報通信オープンラボの利用方法

 NICTけいはんな情報通信オープンラボを利用できるプロジェクトは、情報通信研究機構法第十四条に規定する調査、研究及び開発に則したもので、産学官連携によるICT研究開発を促進するものといたします。

 

情報通信研究機構法

(業務の範囲)

第十四条  機構は、第四条の目的を達成するため、次の業務を行う。

 情報の電磁的流通及び電波の利用に関する技術の調査、研究及び開発を行うこと。

 宇宙の開発に関する大規模な技術開発であって、情報の電磁的流通及び電波の利用に係るものを行うこと。

 周波数標準値を設定し、標準電波を発射し、及び標準時を通報すること。

 電波の伝わり方について、観測を行い、予報及び異常に関する警報を送信し、並びにその他の通報をすること。

 無線設備(高周波利用設備を含む。)の機器の試験及び較正を行うこと。

 前三号に掲げる業務に関連して必要な技術の調査、研究及び開発を行うこと。

 第一号、第二号及び前号に掲げる業務に係る成果の普及を行うこと。

 高度通信・放送研究開発を行うために必要な相当の規模の施設及び設備を整備してこれを高度通信・放送研究開発を行う者の共用に供すること。

 高度通信・放送研究開発のうち、その成果を用いた役務の提供又は役務の提供の方式の改善により新たな通信・放送事業分野の開拓に資するものの実施に必要な資金に充てるための助成金を交付すること。

 海外から高度通信・放送研究開発に関する研究者を招へいすること。

十一  情報の円滑な流通の促進に寄与する通信・放送事業分野に関し、情報の収集、調査及び研究を行い、その成果を提供し、並びに照会及び相談に応ずること。

十二  前各号に掲げる業務に附帯する業務を行うこと。

 機構は、前項の業務のほか、次の業務を行う。

 特定公共電気通信システム開発関連技術に関する研究開発の推進に関する法律 (平成十年法律第五十三号。以下「公共電気通信システム法」という。)第四条 に規定する業務

 基盤技術研究円滑化法 (昭和六十年法律第六十五号)第七条 に規定する業務

 通信・放送融合技術の開発の促進に関する法律 (平成十三年法律第四十四号)第四条 に規定する業務

 特定通信・放送開発事業実施円滑化法 (平成二年法律第三十五号。以下「通信・放送開発法」という。)第六条 に規定する業務

 身体障害者の利便の増進に資する通信・放送身体障害者利用円滑化事業の推進に関する法律 (平成五年法律第五十四号。以下「障害者利用円滑化法」という。)第四条 に規定する業務

 

 

(a) 共同研究型

 利用者の方々は、NICTと共同研究契約を締結し、施設を利用していただきます。

 

(b) 施設利用型

 利用者の方々がNICTと共同研究契約を締結せずに、施設を御利用いただけます。

○ 長期利用

 4ヶ月以上継続して利用いただける方々を指します。

○ 短期利用

 4ヶ月未満で研究開発が終了する方々を指します。

 

2 利用申込み

(1) 申込み先及び問い合わせ先

(注意)メールアドレスは、迷惑メール対策の為、一部全角文字を使用しています。ご使用の際は、半角文字に直してください。

 お申込み、お問い合わせ先は以下の通りです。

 

情報通信研究機構 ユニバーサルコミュニケーション研究所
企画室 オープンラボ担当

 

(住所) 〒619-0289 京都府相楽郡精華町光台3-5

(TEL) 0774-98-6806

(FAX) 0774-98-6955

(メール) openlab-pubkhnnictgojp

 

 

(2) 提出書類

 利用形態に応じて、下記の書類を提出いただきます。

(a) 共同研究型

 NICT内の共同研究先を経由して下記の書類を提出いただくほか、別途、共同研究契約が必要となります。

利用申請書                            1

(社印及び代表社印の押印が必須となります)

研究計画書                            1

(研究計画書中の施設・機材の利用希望について詳細に御記入ください。様式自由。)

 

(b)        施設利用型

 長期利用、短期利用の両方共に、下記の書類を提出していただきます。

利用申請書                            1

(社印及び代表社印の押印が必須となります)

研究計画書                            1

(研究計画書中の施設・機材の利用希望について詳細に御記入ください。様式自由。)

 

3 利用条件

(1) 審査・許可

 提出いただきました書類をNICTにて審査を行い、NICTから利用を許可いたします。なお、利用の許可・不許可に限らず、御提出いただきました資料は返却いたしません。(機密保持には十分留意いたします。)

(2) 利用開始

 NICTからの許可を受け次第、利用期間に則して、速やかに御利用できるよう願います。

 

(3) 研究成果

 施設利用型の利用につきましては、原則、利用者に帰属するものといたします。共同研究型の利用につきましては、共同研究契約において規定いたします。

(4) その他

 NICTけいはんな情報通信オープンラボの利用に際しては、プロジェクト名、研究代表者、所属、人数、概要について公表するものといたします。



Copyright(C) Universal Communication Research Institute, NICT All Rights Reserved.